歯のステイン

  • 2016年09月12日

皆さん、歯の表面が茶色くなってしまったこと、ありませんか?

よくCMなどでも『ステイン』という言葉を耳にすると思いますが…

 

『ステイン』とは、歯の表面の着色汚れのことです。
毎日歯磨きしていても、長い年月の間に少しずつステインは歯に付着して蓄積し、黄ばんだりしていきます。

ステインは、食物中に含まれるポリフェノール類と、歯の表面のエナメル質を覆っている、ペリクルというタンパク質が結びついたもので、水に溶けないため口をすすぐ程度では落ちません。

ポリフェノールを多く含む食品といえば、コーヒーやお茶、赤ワイン、ブルーベリーやブドウなどが挙げられますが、ポリフェノール自体は抗酸化作用や殺菌作用などがあり、『身体にいいもの』です。

患者さんに『すぐ茶渋がついちゃうからお茶を飲まない方がいいのかな?』などと聞かれることがありますが、身体にいい飲食物が原因なら、摂取を控えることはないですよね(^^)

ついてしまったら、歯科医院でのクリーニングをお勧めします!
着色汚れがきれいになるだけでなく、歯の表面がツルツルになって気持ちがいいですよ!

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ