お知らせ・ブログ・症例 

  • 【症例】ブリッジが壊れた部位に対するインプラント治療で、奥歯でしっかり噛めるように

    2024.06.27

    症例

    患者様ごとに適切な治療法をご提案します   今回の患者様は60代後半の男性でした。本来であれば、入れ歯のない生活に戻ってもらうことが理想の治療だったと思います。右下の歯と左上の歯の両方にインプラントを埋め込めば、左右の歯で歯応えのあるお肉を噛むこともできたかもしれません。 しかしながら、今回は、片側にしかインプラントができない状態でしたので、元々あった状態に近づける意味でも、右下の歯のみにインプラントを埋め込む方針で治療が進みました。 今回の患者様は、50代前半で左上の歯が現在の本数の入れ歯になり、それ以来15年ほどは食事に大きなお困りもなかったそうです。そのため、特に大きな治療することはなく、近医でメインテナンスのみを行い生活されていました。 入れ歯よりも自分の歯の方が使いやすいので、入れ歯を入れたまま食事されていると、歯応えのあるものを召し上がる時は右側の歯を使っていたのではないかと思います。 その結果、右側の歯に負担がかかり、今回、ブリッジの土台が折れてしまったと考えられます。 現在の日本人男性の平均寿命が約81歳であることを考えると、まだまだ歯は健康でありたいものです。今回の患者様については、右下の歯のみの治療でしたが、インプラントを使うことによって、健康なお口の状態に近い環境を取り戻せたことは良かったのではないかと思います。 年齢、病気、口の中の状況、喫煙歴、通院できる期間や回数、予算等々、患者様一人ひとりの状況により、どのような治療法が適切なのかは変わります。 みらい歯科では、患者様の状況を鑑みてその方にとって最良の治療が提供できるように、治療プランをご提供しております。 お気軽にご相談にいらしてください。   こちらもご参照ください。 インプラント治療|みらい歯科 予防・メインテナンス|みらい歯科   みらい歯科 歯科医師 森昂大

    【症例】ブリッジが壊れた部位に対するインプラント治療で、奥歯でしっかり噛めるように

  • 【症例】前歯の大きな虫歯をジルコニアセラミックを用いて審美治療

    2024.06.19

    症例

    前歯の虫歯や見た目にお悩みの方は審美的治療についてご相談ください 人の歯は先端に行くほど薄くなっていくため、青味がかった透明感が出てくる方が多いです。こちらの色調再現が非常に重要となってきます。 ジルコニアセラミックは金属を全く使わないため、天然歯特有の透明感を表現できるという点で非常に優れています。 また、前歯の治療は審美的な要求を満たすことが大前提なのですが、顎を誘導したり、発音したりと、機能的にも非常に重要な役割を持っています。 当院での前歯の治療は、ただ綺麗にするだけではなく、咀嚼・発音・清掃性といった機能的な面も重要視しております。常にお手入れしやすく、長くお口の中で使用していけるように治療を進めます。   前歯の色や歯並びなど、気になる方はカウンセリングだけでも承ります。また、他院で入れられたセラミックのメインテナンスも受け付けておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。 スタッフ一同、心よりお待ちしております。   こちらもご参照ください。   セラミック治療|みらい歯科 虫歯治療・根管治療|みらい歯科   みらい歯科  院長 出口 真太郎

    【症例】前歯の大きな虫歯をジルコニアセラミックを用いて審美治療

  • 【症例】歯根破折した前歯を抜歯後インプラントを埋入した審美治療

    2024.05.07

    症例

    抜歯後の治療に関してお悩みの方はご相談ください 昨今、インプラントは非常にポピュラーな治療方法になってきました。 治療の選択肢としては、インプラントの他に、入れ歯やブリッジが挙げられます。 しかし、どうしても入れ歯では機能的に咬合力を受け止めることが難しいケースがあります。かといってブリッジで繋いでいってしまうと、繋げた部分の歯牙が一本でもダメになってしまうと全てをやりかえる必要があります。そういう場合には、インプラントは非常に有効になります。   ただし、インプラントは万能というわけではありません。インプラントは骨と強く結合するので、決してその場所から動くことがありません。逆に、天然の歯は年齢とともに削れていき毎年少しずつ動いていきます。つまり、インプラントを長く使用していくと、周りの歯が動いていくのに対してインプラントは動かないため、急に当たりが強くなったり、逆に当たらなくなったりするケースが見られます。 ですから、インプラントを長く持たせるためには、定期的なお掃除とかみ合わせのチェックが非常に重要になります。 また、インプラント治療を行うと、将来的に隣の歯がダメになった時はブリッジや入れ歯などの選択肢が難しくなるケースがあります。そのため、将来も見据えて治療計画を立てることが必要になります。   みらい歯科では、様々なケースに対応できるよう、患者様に治療の選択肢を提示しております。 インプラントの治療が多数の歯にわたる場合は、かみ合わせや歯周病の有無など、留意する点が数多くあります。 当院では、安易に歯がなくなった場所にインプラント治療を勧めるのではなく、治療を行なった歯が出来るだけ長く口腔内で機能するようにと、極力、治療期間や費用、手術の侵襲が少ない治療方法をご提案させていただきます。   歯やお口周りにお困りの症状や気になることがございましたら、どんな些細なことでも構いませんので、どうぞお気軽にご相談ください。   みらい歯科  院長 出口 真太郎   こちらもご参照ください インプラント治療|みらい歯科 予防・メインテナンス|みらい歯科

    【症例】歯根破折した前歯を抜歯後インプラントを埋入した審美治療

  • 【症例】ジルコニアブリッジによる治療で、奥歯でしっかり噛めるように!

    2024.03.21

    症例

    抜歯後の治療には様々な選択肢があります 今回のケースのように、一本だけ歯が失われてしまい、両隣の歯が削られていないしっかりした歯の場合、第一選択はインプラントが多いと思います。 今回の場合、初めて来院された2年前の時点で、すでに神経のとられた歯の状態で、被せ物がされていました。つまり、この歯は過去にも色々と問題を抱えており、何度か治療を施されてきたと言えます。 隣同士の歯が比較的しっかりしていることから、この方のお口の中では、この部分は大きな負担がかかる場所ではないかと思います。ブリッジにした場合、この負担は隣同士の2本の歯が支えていくことになります。 一方で、インプラントにした場合、この部位に独立した強固な構造を得ることができます。これから先長きにわたり、毎日のお食事で大きな力を発揮していくためには、インプラントの方が有利ではないかとも思えます。 ただし、当院では様々なケースにご対応できるよう、患者様に治療の選択肢をご提示し、その中から患者様それぞれに合った治療を行います。今回も患者様と相談を重ね、インプラントではなくブリッジによる治療を行いました。 今回の患者様の場合、ブリッジは土台の歯がしっかりしているので、お口の中で長い間機能してくれると思います。結果的に、患者様は、自分の歯かのような白い歯が入り、痛みもなく、お肉なども食べられることに満足されていました。 奥歯は、機能的に非常に重要な役割を持っています。当院での抜歯後の治療は機能的にも問題のないように、また常にお手入れしやすく、長くお口の中で使用していけるように留意しております。 歯やお口周りに、お困りの症状や気になることがございましたら、どんな些細なことでもどうぞお気軽にご相談ください。 みらい歯科 歯科医師  森   こちらもご参照ください。 虫歯治療・根管治療|みらい歯科 インプラント治療|みらい歯科

    【症例】ジルコニアブリッジによる治療で、奥歯でしっかり噛めるように!

  • 【症例】コンポジットレジンで修復を繰り返していた前歯をジルコニアセラミック治療で歯並びまで改善

    2024.03.19

    症例

    複数にわたる歯のセラミックも自然な仕上がりに ジルコニアセラミックは金属を全く使わないため天然歯特有の透明感の表現が非常に優れています。人の歯は先端に行くほど薄くなっていくため青味がかった透明感が出てくる方が多いです。こちらの色調再現が非常に重要となってきます。 当院のジルコニアセラミックはデンタルビジョンという馬車道アイランドタワー 歯科に隣接する技工所の方が作成してくれています。色調再現は技工士さんのテクニックとセンスに依存するので、今回のような多数歯にわたるケースはいつも助けられています。 また、歯並びを変えるようなケースも模型を交えながら、歯の大きさや咬合関係なども逐一相談しながら進めさせていただいています。 みらい歯科では、様々なケースにご対応できるよう、患者様に治療の選択肢をご提示しております。 前歯の治療は審美的な要求を満たすことが大前提なのですが、機能的にも非常に重要な役割を持っています。当院での前歯の治療はただ綺麗にするだけではなく、機能的に(咀嚼・発音・清掃性)網羅して常にお手入れしやすく長くお口の中で使用していけるように留意しております。 歯やお口周りに、お困りの症状や気になることがございましたら、どんな些細なことでもどうぞお気軽にご相談ください。また、他院で入れられたセラミックのメインテナンスも受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。   こちらもご参照ください セラミック治療|みらい歯科 【症例】見た目が気になる前歯のブリッジをジルコニアセラミックで再治療|みらい歯科 みらい歯科  院長 出口 真太郎

    【症例】コンポジットレジンで修復を繰り返していた前歯をジルコニアセラミック治療で歯並びまで改善

  • 【症例】見た目が気になる前歯のブリッジをジルコニアセラミックで再治療

    2024.03.02

    症例

    当院では、患者さまのご希望に最大限沿うように、形態や色調再現にもこだわっております ジルコニアセラミックは金属を全く使わないため、天然の歯特有の透明感の表現が非常に優れています。 人の歯は先端に行くほど薄くなっていくため、青味がかった透明感が出てくる方が多いです。自然な見た目に仕上げるためには、この色調再現が非常に重要となってきます。 当院のジルコニアセラミックはデンタルビジョンという馬車道アイランドタワー 歯科に隣接する技工所の方が作成してくれています。色調の再現が難しい場合は直接技工士の方に口腔内の写真撮影をお願いしています。そちらの写真をPC上で色調を分析しながら、一本ずつ手作りで色を合わせて頂いています。 ですので、今回のような数年前に作成をしたセラミックに対しても、同じ色調再現をして頂けて、非常に助かっています。 みらい歯科では、様々なケースにご対応できるよう、患者様に治療の選択肢をご提示しております。 前歯の治療は審美的な要求を満たすことは大前提なのですが、顎を誘導するという機能的に非常に重要な役割を持っています。当院での前歯の治療は患者さまのご希望に最大限沿った見た目にするだけではなく、機能的にも(咀嚼・発音・清掃性など)問題のないように、また常にお手入れしやすく長くお口の中で使用していけるように留意しております。 歯やお口周りに、お困りの症状や気になることがございましたら、どんな些細なことでもどうぞお気軽にご相談ください。また、他院で入れられたセラミックのメインテナンスも受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。   こちらもご参照ください。 セラミック治療|みらい歯科 【症例】ジルコニアセラミックで自然な前歯を|みらい歯科   みらい歯科  院長 出口 真太郎

    【症例】見た目が気になる前歯のブリッジをジルコニアセラミックで再治療

  • 【症例】抜歯・歯根嚢胞除去後、骨造成を行ってからインプラントで治療

    2024.02.06

    症例

    みらい歯科では大掛かりな骨造成にも対応しています。まずはご相談ください。 今回の症例は、いかに膿疱をうまく取り切るかが治療の成功の鍵を握っていました。膿疱が残留してしまうと骨のできが非常に悪くなってしまい、上顎抜歯後の炎症が波及して蓄膿症へ発展してしまう恐れがありました。  上顎のインプラントは下顎のインプラントに比べ骨量が少ない場合が多いため、若干ですがインプラントの定着率が悪くなります。したがって、上顎のインプラントはいかにしっかりと骨を残して造成することができるかが非常に重要になってきます。  今回はかなり大掛かりな骨造成でしたが、特に強い症状もなくインプラントも安定しているため、患者様にも喜んでいただけました。    みらい歯科では、様々なケースにご対応できるよう、患者様に治療の選択肢をご提示しております。  インプラントの治療が複数の歯に渡る場合は、かみ合わせや歯周病の有無など留意する点が多くあります。定期検診でインプラントの清掃状態や噛み合わせの状態などチェックをしっかりとすることで、インプラントは非常に長い期間使用していくことが出来ます。  みらい歯科では、歯の欠損部分はインプラントだけでなくその他の多くの治療を、一度しっかりとご説明させて頂いてから皆様に選んでいただくようにしています。  歯やお口周りにお困りの症状や気になることがございましたら、どんな些細なことでも大丈夫ですので、どうぞお気軽にご相談ください。  みらい歯科  院長 出口 真太郎    こちらもご参照ください。  インプラント治療|みらい歯科 【症例】大きな骨欠損に対して骨造成を行い、入れ歯からインプラントへ|みらい歯科

    【症例】抜歯・歯根嚢胞除去後、骨造成を行ってからインプラントで治療

  • 【症例】欠けた前歯をジルコニアセラミックにて修復

    2024.01.30

    症例

    当院の前歯治療は、美しさだけでなく咀嚼・発音・清掃性など機能性も大切にします   今回のケースは非常に歯の形態を苦慮する症例でした。 人間には、歯の形態が完全に左右対称の方はほとんどいません。セラミックで全ての歯を削ってかぶせる場合を除いて、左右対称を表現することが難しくなります。 また、前歯を単独で治療する場合は左右対称にしてしまうとそこだけ違和感が大きく出ることがあります。特に歯列不正がある場合は左右の隣接歯と調和をとりつつ、かつ違和感が出ない程度の左右の非対称性を調整の度に仕上げていかなければなりません。ですので、仮歯を少しずつ調整しながらその都度患者さまにチェックをして頂きながら仮歯を調整しながら模索をしていきました。苦慮した甲斐があり最終的には患者さまに非常に喜んでいただけたため大変良かったと思いました。 みらい歯科では、様々なケースにご対応できるよう、患さまに最大限の治療の選択肢をご提示しております。 前歯の治療は審美的な要求を満たすことが大前提なのですが、顎を誘導するという機能的に非常に重要な役割を持っています。当院での前歯の治療はただ綺麗にするだけではなく、機能的にも(咀嚼・発音・清掃性など)問題のないように、常にお手入れしやすく長くお口の中で使用していけるように留意おります。   歯やお口周りに、お困りの症状や気になることがございましたら、どんな些細なことでもご相談ください。また、他院で入れられたセラミックのメインテナンスも受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。   みらい歯科  院長 出口 真太郎     こちらもご参照ください セラミック治療|みらい歯科 【症例】ジルコニアセラミックによる2本の前歯の清掃性を兼ね備えた審美的修復|みらい歯科

    【症例】欠けた前歯をジルコニアセラミックにて修復

  • 【症例】大きな骨欠損に対して骨造成を行い、入れ歯からインプラントへ

    2024.01.19

    症例

    治療した歯やインプラントができるだけ長く口腔内で機能するように 今回は、大きな膿疱が根の先端にできてしまい、それを抜歯し、膿疱摘出を行いましたが、骨が大きく失われていたケースに対して、骨造成を行い、インプラントを埋入した症例をご紹介しました。 昨今、インプラントは非常にポピュラーな治療方法になってきました。 歯の欠損の治療としては、他にも部分入れ歯やブリッジ治療が挙げられます。 入れ歯は、人工の歯を留め具で固定するものです。入れ歯は完全には固定されていないため、どうしても機能的に咬合力を受け止めることが難しくなり、噛む力が落ちてしまうケースがあります。 ブリッジでは、両隣の歯を削り、3本一体型の被せ物を装着します。ブリッジは、天然歯と同じくらいの嚙む力することも可能ですが、。ブリッジを繋げた部分の歯牙が一本でもダメになってしまうと全てをやりかえないといけなくなってしまいます。 そういった場合には、噛む力も天然歯とほぼ同等に治療できるインプラントは、非常に有効になります。 しかし、インプラントが万能というわにけではありません。インプラントは骨と強く結合するので、決してその場所から動くことがありません。逆に天然の歯は年齢とともに削れていき、毎年少しずつ動いていきます。 インプラントを長く使用していくと、周りの歯は動きますがインプラントは動かないので、急に歯の当たりが強くなったり、逆に当たらなくなったりするケースが時々見られます。 ですので、インプラントを長く持たせるためには、定期的なお掃除とかみ合わせのチェックが非常に重要になってきます。 今回の症例でも、患者さまと一緒に長い治療期間を歩み、治療は終了しましたが、その後、定期的に通院していただいていることもインプラントを継続して使用していくにあたって非常に重要なポイントです。   インプラントの治療が多数の歯にわたる場合は、かみ合わせや歯周病の有無など、留意する点が数多くあります。 当院では、安易に歯がなくなった場所にインプラント治療を勧めるのではなく、治療を行なった歯が、口腔内でできるだけ長く機能するようにと、極力、治療期間・費用・手術の侵襲が少ない治療方法をご提案させて頂きます。 様々なケースにご対応できるよう、患者さまに治療の選択肢をご提示し、それぞれのメリットとデメリットを丁寧にご説明して、患者さま一人ひとりに合った治療をご提供いたします。 歯やお口周りにお困りの症状や気になることがございましたら、どんな些細なことでもどうぞお気軽にご相談ください。 みらい歯科  院長 出口 真太郎   こちらもご参照ください インプラント治療|みらい歯科 予防・メインテナンス|みらい歯科

    【症例】大きな骨欠損に対して骨造成を行い、入れ歯からインプラントへ

  • 【症例】インプラント治療で、以前のように奥歯で噛めるように!

    2024.01.06

    症例

    さまざまな治療の中から患者さま一人ひとりに合った治療を インプラント治療以外の治療方法としては、部分入れ歯による治療やブリッジ治療があります。 部分入れ歯による治療ですと、どうしても天然歯と比べて噛む力は落ちてしまいます。 今回の患者さまは40代の男性で、この歯以外のほぼ全ての歯が健康な状態であり、また、喫煙歴もなく、お体もいたって健康でした。まだまだ歯応えのあるお肉などのお食事をたくさん食べたいでしょうから、部分入れ歯だと食べづらさが出てきてしまうと考えました。 また、ブリッジ治療は両隣の歯を削り、3本一体型の被せ物を入れるものです。噛む力は部分入れ歯よりは強くなります。しかし、30年、40年、もしくはそれ以上にわたり、この先の治療介入を可能な限り少なくしていくためには、この段階で健康な歯を削り、ブリッジ治療を行うのは時期尚早かと考えました。 インプラントですと、健康な歯を削ることなく治療ができ、噛む力は天然歯と同じくらいになります。また、定期的な歯科医院でのメンテナンスを行えば長持ちすると言われています。 そのため、今回は患者さまとも相談させていただき、インプラント治療を進めていくことになりました。   治療方針を決めるにあたって、ご年齢、ご病気、お口の中の状況、喫煙歴、通院できる期間や回数、予算等々、さまざまな要因があります。 患者さまご本人の状況により、どの治療法が適切かは、各々で違ってきます。 歯のことでお悩み、ご不安がある方は、まずはご相談だけでも構いませんので、みらい歯科へお気軽にご相談ください。 みらい歯科 歯科医師 森昂大   こちらもご参照ください。 インプラント治療|みらい歯科 予防・メインテナンス|みらい歯科

    【症例】インプラント治療で、以前のように奥歯で噛めるように!

1 2 3

トップに戻る