小児歯科

小児歯科

むし歯から子どもを守るのは親御さんです。まずはしっかりとした知識を身に付け、健康な歯を維持できるようにサポートしてあげましょう。

小児歯科

「乳歯は抜けるから」といって、むし歯になっても放置していませんか?

乳歯のむし歯を放置するのは大変危険です。乳歯のむし歯は永久歯に大きく影響するので、乳歯のときからしっかり予防をしましょう。

また、当院ではお子さんが通いやすい環境づくりに力を入れております。お子さんがリラックスして診察ができるようコミュニケーションを大切にし、お子さんにもわかりやすい説明もしております。

まずは歯医者に慣れることから

まずは歯医者に慣れることから小さなお子さんにとって、むし歯の痛みや治療は大きな負担となります。当院では小さなお子さんのむし歯治療について、緊急時を除いてすぐに始めることはありません。
まず、歯医者の雰囲気に慣れていただくことが先決。治療で使う器具などのわかりやすい説明などをしながら、治療の機会を待ちます。お子さんに、心の準備ができたような様子が見られたら検査に入り、その結果にもとづいて治療計画を立て、治療を開始します。

また小児歯科での治療は、お父さん、お母さんを交えてのブラッシング指導や、フッ素塗布・シーラントなど、予防的な処置に比重をおいております。日頃から定期健診に通っていただくことは、むし歯の予防や早期発見につながり、治療をスムーズにする最短の道です。

フッ素塗布とシーラント

むし歯の予防のためにお子さん自身ができることは、ご自宅での正しいブラッシングだけではありません。歯科でできる予防処置の「フッ素塗布」「シーラント」についてご紹介します。

「フッ素塗布」とは?

「フッ素塗布」とは?

歯質を強くする自然元素のひとつ「フッ素」。むし歯への抵抗力を高めるために、乳歯や生え替わったばかりの永久歯に塗布するのが効果的です。

しかし、フッ素だけではむし歯を完全には予防できません。加えて、日頃の丁寧なブラッシングやフロスを使用したクリーニングなどにより、予防効果を高められます。

口腔衛生指導行った患者様には、フッ素塗布をサービスしております。

「シーラント」とは?

「シーラント」とは?

噛み合わせ部分が複雑で溝が深い、生え替わったばかりの永久歯の奥歯は、むし歯になりやすい部分です。食べカスが詰まりやすい上にブラッシングしにくく、歯質も弱いとされています。

シーラントは、その溝を歯科用プラスチックであらかじめ埋めてしまうことでむし歯を予防する処置です。シーラントにはフッ素も含まれているため、歯質を強くする効果も期待できます。

シーラントは保険が適応できる処置です。ご希望の方はお気軽におたずねください。

小児矯正

まずは歯医者に慣れることから当院では床矯正(歯を抜かずに取り外しのできる装置)による小児矯正を行ってます。取り外しができることから、ワイヤー矯正に比べて歯みがきがしやすく、むし歯になるリスクも軽減できます。また、顎の成長と共に自然に行うことができますので、無理なく矯正できます。
ワイヤー矯正が必要なお子さんは、矯正歯科医をご紹介させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

確かな技術で信頼と安心の治療を
本当に困っている方は今すぐご相談ください
入念なカウンセリングと診断に基づいた
独自の治療計画を立案、患者様一人ひとりに
オーダーメイドな治療を実践しています。
あなたも、上質な診療を体感してみませんか?
045-253-6253 お問い合わせはこちら